ホーム » 主な性感染症 » 若い年齢層において性行為でB型肝炎に感染するケースが増えています

若い年齢層において性行為でB型肝炎に感染するケースが増えています

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)が血液や体液を介して肝臓に感染する病気です。感染することで肝臓の細胞が破壊されて肝臓の機能が低下します。

HBVは感染した時期や感染した際の健康状態によって、一過性の感染で終わる「急性感染」と生涯に渡って感染が継続する「慢性感染」とに分類されます。



B型肝炎





主な症状


B型肝炎においては、急性・慢性に応じて現れる症状が異なります。


B型急性肝炎
急性のB型肝炎の場合は、HBVに感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、全身の倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸などの症状が現れます。尿の色は褐色(黒ウーロン茶のような色)になります。黄疸の症状とは血液中のビリルビンが増加して皮膚や目(白目の部分)が黄色くなっていきます。


B型慢性肝炎
慢性のB型肝炎の場合においては自覚症状がほとんどありません。しかしB型慢性肝炎では、時折「急性増悪」という一過性の肝障害を引き起こすケースがあります。急性増悪の際には上記の急性肝炎と同様に、全身倦怠感や食欲不振、褐色尿、黄疸の症状が現れることが多々あります。





感染経路


B型肝炎ウイルスの持続感染者は世界全体で約3億5千万人、日本国内では約130万人以上と推定されています。

国内の感染者の大半は母子感染によるものですが、感染力が強いため性行為によっても感染する可能性があります。

最近ではSTD(性感染症)の一つとして考えられていて、若い年齢層を中心に性行為によってB型肝炎に感染したという報告例が増えています。


微量ながら唾液にもウイルスが含まれていますが、ドリンクの回し飲みなどでは感染することはないので日常生活においてはそれほど神経質になる必要はありません。






検査方法


B型肝炎の病原体であるHBVに感染しているかどうかを確認するためにHBs抗原の血液検査が実施されます。HBs抗原の陽性反応が出た場合は、HBVに感染していると判断されます。

そしてHBs抗原が陽性であった際は、HBe抗原とHBe抗体を詳しく検査します。

HBe抗原が陽性・HBe抗体が陰性の場合は、HBVの増殖力が強いだけでなく肝炎の症状も強く、他の人への感染の可能性が高いと考えられます。





治療方法


B型肝炎においては、急性・慢性に応じて治療方法が異なります。


B型急性肝炎
一般的には抗ウイルス療法は実施されません。食欲低下などの症状があれば水分・栄養補給のために点滴などをします。つまり治療をせずに自然にHBVが排除されるのを待つことになります。大体2~3ヶ月程度で自然治癒します。


B型慢性肝炎
持続的に感染しているHBVの場合は完全に排除することは困難です。採用される抗ウイルス薬としては、IFN(注射薬)と核酸アナログ製剤(内服薬)の2剤に大きく分類されます。IFNは年齢が35歳程度までの方々で、肝炎の程度の軽い(肝硬変になっていない)人に投与されます。核酸アナログ製剤は 35歳以上の方々です。また35歳以下であっても肝炎の進行した人に対しては核酸アナログ製剤を投与します。





予防方法


B型肝炎に感染するケースで多い母子感染と性行為感染に関する予防方法を紹介します。


母子感染対策
HBVの持続感染をしている母親からその子供に産道感染による母児感染を防止するためにHBV免疫グロブリンのワクチン接種受けることができます。


コンドームの着用
性行為(特に出血と粘膜の損傷する恐れのあるアナルセックスや生理中の性行為)は感染する確率が高くなります。性行為による予防としてはコンドームの着用が効果的です。また感染者との性行為も極力控えるようにしましょう。





まとめ


上述している予防方法を実施することで、B型肝炎に感染したり、あるいは相手に感染させることはありません。

万が一、あなたが「感染してしまったのではないか…?」と不安になった場合は、医療機関などで検査を受けることをお勧めします。








性行為などによって身体に何かしらの異変を感じたらSTD(性感染症)に感染している恐れがあります。

性感染症は早期発見・早期治療が非常に大切です。そのまま放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

できる限り早い時期に正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認することをお薦めします。

下記に自宅で簡単に実施できるSTD検査キットを紹介しているので、性病に感染しているか気になる方は申し込んでみて下さい^^



ふじメディカル
ふじメディカル

スピーディーかつ匿名での検査も可能です

自社ラボで検査を実施するので、検体が届き次第迅速に検査をしてくれます。委託検査ではないので、スピーディーに検査結果を知ることができます。性感染症の検査を受けることが恥ずかしいと思っている方でも匿名で申し込むことができます。実名で申し込むことに抵抗がある方にもお薦めです。

さくら検査研究所
さくら検査研究所

家族に知られずに検査が受けられます

検査を担当するスタッフは管理医師のもとで国家資格を取得している臨床検査技師によって行われるので精度の高い検査を実施することができます。自宅以外に送り先を設定したり近くの郵便局留めにすることで、家族や勤務先の同僚などにも知られずに性病検査を受けることが可能です。


宅配ドクター
宅配ドクター

病院や保健所と同じ方法で検査ができます

PA法やハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法などの病院や保健所で実施される検査方法と同様の方法で検査を受けることができます。女性スタッフが親切丁寧にメールサポートをしてくれるので初めて性病検査を受ける場合でも安心して利用することができます。





 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿