ホーム » 主な性感染症 » 子宮頸がんは定期的に検診を受けることで予防することができます

子宮頸がんは定期的に検診を受けることで予防することができます

女性特有のがんの一つとして、子宮頸がんが挙げられます。毎年10,000人程度の方々が発症しています。

治療をせずにそのまま放っておくことで、命に危機に瀕する恐れがあったり、出産の機会を奪ってしまう特徴があります。



子宮頸がん





子宮頸がんとは…


子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生します。

子宮の入り口付近に発生することが多く、通常の婦人科の診察において観察・検査がしやすいので、発見されやすい特徴があります。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)に感染して発症するケースが多いです。

子宮がんの中でも約7割を占めていて、発症する年代は40~50代がメインですが、最近では20~30代の若い女性でも発症するケースが増えています。





HPVとは…


約100種類のHPVが発見されていて、その半数程度が「皮膚型」で手足などに感染します。

そして残りが「性器・粘膜型」で、性行為時において生殖器に感染します。このタイプが、外陰部に尖圭コンジローマを生成したり、子宮頸がんを招く危険性があります。





HPVは子宮頸がんを患った方々の90%以上から検出されているウイルスです。HPVに感染すること自体は少なくなく、感染しても体内の免疫力によって症状のないうちにHPVが勝手に排除されるケースが大半です。

その一方でHPVが排除されずに感染状態が続いてしまうと、子宮の一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生します。





子宮頸がんを発症する確率


10人に1人くらいの割合で感染が長期化します。さらにその中の10人に1人の割合でがん細胞が生まれて子宮頸がんの発症します。

HPVに感染してから子宮頸がんを発症するまでは数年~10年以上の時間を要します。

また、いきなりがん細胞が誕生するわけではなく、がんになるまで過程では細胞の形態が変化していく「前がん状態(異形成)」が長期間にかけて確認できます。

この「前がん状態(異形成)」も症状の軽いものから重いものまでいくつかの段階があります。





主な症状


子宮頸がんの初期の段階では全く症状が現れません。

しかし時間が経過すると共に、月経中でない時や性行為に及んだ時に出血をしたり、普段とは違うおりものが増えてきます。

また、月経時の血量が増えたり月経期間が長引くなど、異変が起こってきます。





検査方法


子宮頸がん検診を受けることによって、子宮頸がんを発症しているか否かを診断してもらうことができます。

国内の医療機関で実施されている子宮頸がん検診は、細胞診などの科学的な方法を採用していて非常に効果があります。定期的に検診を受けることによって早期発見・長期治療が可能となり、死亡率を大幅に減少することができます。

成人女性においては、早期発見のために2年に1回のペースで細胞診による子宮頸がん検診を受けることが推奨されています





治療方法


子宮頸がんの治療法には、手術療法や放射線治療、化学療法(抗がん剤による治療)があります。

その中から、がんの進行具合や発症している箇所、年齢、合併症の有無などによって適切な治療法を決定します。

前がん病変や初期段階では子宮頸部の異常な組織を取り除く手術(円錐切除術)が行われます。

初期以降の進行した症状に対しては、いくつかの治療法を組み合わせて治療を行うケースもあります。





予防方法


子宮頸がんを予防するためには下記の2つの方法が有効です。


定期検診
子宮頸がんや乳がんといった女性特有のがん検診の受診率は20%程度で推移していて、他のがん検診と比較して数値が低くなっています。近年では厚生労働省の女性特有のがん検診推進事業が実施されています。

各自治体から一定の年齢に達した女性(20歳、25歳、30歳、35歳、40歳)に対して子宮がん検診の無料クーポンを配布して、同時に検診手帳を交付する対策が行われています。

5年毎に無料で検診を受けることができるので、このような取り組みを積極的に利用することもお薦めです。


予防ワクチン
半年の期間に3回受けると大きな予防効果が期待できます。ワクチンを接種することで、高リスク型の2種類のHPVの感染から子宮頸部を守ることができます。

しかし、ワクチンだけでは予防できない高リスク型HPVも存在します。


早期発見と早期治療のためにはワクチン接種だけではなく、上記で紹介した定期的な子宮頸がん検診を受けることをお勧めします。






HPV感染の予防


HPV感染自体を防ぐためには性行為に及ぶ前からもしっかりとケアをすることが重要です。

行為に及ぶ前にはパートナーと一緒にシャワーを浴びて性器部位だけでなく、手もキレイに洗いましょう。

また、コンドームは射精時の直前ではなく、挿入の最初から着用するようにしてください。









性行為などによって身体に何かしらの異変を感じたらSTD(性感染症)に感染している恐れがあります。

性感染症は早期発見・早期治療が非常に大切です。そのまま放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

できる限り早い時期に正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認することをお薦めします。

下記に自宅で簡単に実施できるSTD検査キットを紹介しているので、性病に感染しているか気になる方は申し込んでみて下さい^^



ふじメディカル
ふじメディカル

スピーディーかつ匿名での検査も可能です

自社ラボで検査を実施するので、検体が届き次第迅速に検査をしてくれます。委託検査ではないので、スピーディーに検査結果を知ることができます。性感染症の検査を受けることが恥ずかしいと思っている方でも匿名で申し込むことができます。実名で申し込むことに抵抗がある方にもお薦めです。

さくら検査研究所
さくら検査研究所

家族に知られずに検査が受けられます

検査を担当するスタッフは管理医師のもとで国家資格を取得している臨床検査技師によって行われるので精度の高い検査を実施することができます。自宅以外に送り先を設定したり近くの郵便局留めにすることで、家族や勤務先の同僚などにも知られずに性病検査を受けることが可能です。


宅配ドクター
宅配ドクター

病院や保健所と同じ方法で検査ができます

PA法やハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法などの病院や保健所で実施される検査方法と同様の方法で検査を受けることができます。女性スタッフが親切丁寧にメールサポートをしてくれるので初めて性病検査を受ける場合でも安心して利用することができます。





 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿