ホーム » よくある質問 » 妊娠中は特に気を付けて!性病感染が赤ちゃんに及ぼす影響とは…?

妊娠中は特に気を付けて!性病感染が赤ちゃんに及ぼす影響とは…?

妊娠している・いないに関わらず、性感染症に感染する可能性はあります。

妊娠期間中に性感染症に感染してしまった場合は、感染した女性だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は妊娠時に性感染症を患った場合にどのような悪影響があるのかを各性感染症ごとにわかりやすくまとめてみました。



妊婦





クラミジア感染症


自覚症状が少ない性感染症として知られています。妊婦がクラミジアに感染すると、初期流産のリスクが高まります。

また、治療せずに出産すると、生まれてくる赤ちゃんが産道感染する恐れがあります。産道感染すると新生児結膜炎や肺炎を起こしたり、最悪の場合は死に至ることもあります。

妊娠中の場合は退治に影響を及ぼす恐れがあるため、30週目(妊娠後期)までには検査を受けることをお勧めします。


<< 性器クラミジア感染症の詳細ページ




カンジダ膣炎


妊娠中にカンジダ膣炎に感染しても胎児には影響がありませんが、出産までに治療しない場合は産道感染する可能性があります。

赤ちゃんがカンジダ膣炎に感染すると、口内や股間が白くなる皮膚炎を起こしてしまったり、おむつを履いた際にかぶれがひどくなるケースがあります。


<< カンジダ症の詳細ページ





性器ヘルペス


出産時に赤ちゃんに感染してしまうと、新生児ヘルペス症候群となり、最悪の場合は死亡することもあります。

初感染から1ヶ月以内、あるいは再発してから1週間の場合は帝王切開になることが多いです。ヘルペスの症状が出ていなければ、普通に経膣分娩ができます。


<< 性器ヘルペスウイルス感染症の詳細ページ





梅毒


妊婦が梅毒に感染してしまうと、胎盤からお腹の赤ちゃんに感染します。

胎児にも感染してしまうと、先天性の異常(脳や目、耳、心臓、皮膚などの複数器官に問題が生じる)や死産に至る恐れもあるので十分注意して下さい。

梅毒の治療自体は妊娠中においても胎児に影響のない薬で完治することができます。


<< 梅毒の詳細ページ





淋病


妊娠中に淋病に感染してしまうと、赤ちゃんの早産や発育不全となる恐れがあります。

出産時までに治療しなければ、産道感染を引き起こして新生児結膜炎や失明となる可能性があります。


<< 淋菌感染症の詳細ページ





HIV


妊婦がHIVに感染していると、高い確率でお腹の赤ちゃんにも感染してしまいます。母子感染を防ぐために内服治療を行い、出産は帝王切開となります。

ちなみにHIVが母子感染する場合では、妊娠・分晩中・授乳などで赤ちゃんに感染します。


<< HIVの詳細ページ





B型肝炎


B型肝炎の場合は分娩時に赤ちゃんに感染する可能性が高いです。

HBVに感染していた赤ちゃんはその後の人生において、慢性肝疾患や肝臓がんを発症するリスクが高まります。

また、慢性HBVとなった赤ちゃんは満性肝疾患が原因で死亡する確率が高くなります。


<< B型肝炎の詳細ページ





C型肝炎


妊娠中に胎児に感染する可能性がある感染症です。特にHIVにも感染している場合においてはさらに母子感染する確率が高くなります。

HCVに感染した女性から生まれた赤ちゃんは早産や未熟児となる可能性があります。


<< C型肝炎の詳細ページ





トリコモナス症


妊娠中にトリコモナス症に感染した場合は早期破水や早産、未熟児となる可能性があります。

産道を通過する際の母子感染はなく、出征後の膣分泌物による感染例が多いです。


<< トリコモナス症の詳細ページ





まとめ


多くの性感染症は自覚症状が出ないケースも多いため、感染していることに気付かないことも多いです。

妊娠している女性が感染してしまうと、お腹の赤ちゃんにも感染してしまう恐れがあります。

そのため、元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠が発覚した際は早期に性感染症の検査を受けて、万が一、陽性反応が出た場合は早期に治療することをお勧めします。









性行為などによって身体に何かしらの異変を感じたらSTD(性感染症)に感染している恐れがあります。

性感染症は早期発見・早期治療が非常に大切です。そのまま放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

できる限り早い時期に正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認することをお薦めします。

下記に自宅で簡単に実施できるSTD検査キットを紹介しているので、性病に感染しているか気になる方は申し込んでみて下さい^^



ふじメディカル
ふじメディカル

スピーディーかつ匿名での検査も可能です

自社ラボで検査を実施するので、検体が届き次第迅速に検査をしてくれます。委託検査ではないので、スピーディーに検査結果を知ることができます。性感染症の検査を受けることが恥ずかしいと思っている方でも匿名で申し込むことができます。実名で申し込むことに抵抗がある方にもお薦めです。

さくら検査研究所
さくら検査研究所

家族に知られずに検査が受けられます

検査を担当するスタッフは管理医師のもとで国家資格を取得している臨床検査技師によって行われるので精度の高い検査を実施することができます。自宅以外に送り先を設定したり近くの郵便局留めにすることで、家族や勤務先の同僚などにも知られずに性病検査を受けることが可能です。


宅配ドクター
宅配ドクター

病院や保健所と同じ方法で検査ができます

PA法やハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法などの病院や保健所で実施される検査方法と同様の方法で検査を受けることができます。女性スタッフが親切丁寧にメールサポートをしてくれるので初めて性病検査を受ける場合でも安心して利用することができます。





 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿