ホーム » よくある質問 » 気になる!性感染症の検査方法はどのようなものがあるの?

気になる!性感染症の検査方法はどのようなものがあるの?

性行為などによって、性感染症(性病)にかかったかどうかが気になっている方は大勢います。

そのような場合は、まずは性感染症を患ったかどうかを確認するために検査を実施することをお勧めします。

検査方法としては、血液検査や尿検査、おりもの検査、喉の粘膜検査などが主流となっています。

今回は其々の検査方法の特徴やその検査で判別できる性感染症の種類を紹介します。



性感染症の検査方法





血液検査


性感染症の検査で一番主流となっているのが血液検査です。少量の血液を採取してその中の成分を検査することで感染しているか否かを判別します。

血液検査は性感染症だけでなく、がんや糖尿病、アレルギー、動脈硬化などのさまざまな病気を調べるために用いられています。

下記の性感染症に関して検査ができます。

  • 性器クラミジア感染症
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • 梅毒
  • HIV
  • B型肝炎
  • C型肝炎






尿検査


特に男性を対象にして実施されるケースが多いです。一般的な尿検査と同様の方法で尿を採取して検査を行います。

一般的な尿検査では尿に含まれたタンパク質や糖質などを調べますが、性病検査では尿中にウイルス(病原体)が存在するかどうかをチェックします。そして排出された最初の尿(初尿)を採取して検査を実施します。

下記の性感染症に関して検査ができます。

  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症






おりもの検査


女性特有の検査方法です。膣内に綿棒のようなものを挿入して、内側の粘膜の分泌物を採取して検査を行います。

おりもの検査はウイルスの培養期間が必要となるので、すぐに結果は出ず、2~3日程度の期間を要します。下記の性感染症や症状に関して検査ができます。

  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • カンジダ症
  • 膣炎







喉の粘膜検査


オーラルセックスをした場合は喉にも感染することがあります。綿棒なようなものを利用して、喉の粘膜を少し擦って採取します。

また、うがいをしてその吐き出した水を採取して、ウイルスが存在しているかどうかを調べる方法もあります。下記の性感染症に関して検査ができます。

  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症






まとめ


上述しているように、各性感染症によって受ける検査方法は同じではなく、其々異なっています。

あなたに自覚症状がある場合は、その症状と合致している性感染症を洗い出して、適切な検査を実施することが大切です。

正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認してください。









性行為などによって身体に何かしらの異変を感じたらSTD(性感染症)に感染している恐れがあります。

性感染症は早期発見・早期治療が非常に大切です。そのまま放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

できる限り早い時期に正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認することをお薦めします。

下記に自宅で簡単に実施できるSTD検査キットを紹介しているので、性病に感染しているか気になる方は申し込んでみて下さい^^



ふじメディカル
ふじメディカル

スピーディーかつ匿名での検査も可能です

自社ラボで検査を実施するので、検体が届き次第迅速に検査をしてくれます。委託検査ではないので、スピーディーに検査結果を知ることができます。性感染症の検査を受けることが恥ずかしいと思っている方でも匿名で申し込むことができます。実名で申し込むことに抵抗がある方にもお薦めです。

さくら検査研究所
さくら検査研究所

家族に知られずに検査が受けられます

検査を担当するスタッフは管理医師のもとで国家資格を取得している臨床検査技師によって行われるので精度の高い検査を実施することができます。自宅以外に送り先を設定したり近くの郵便局留めにすることで、家族や勤務先の同僚などにも知られずに性病検査を受けることが可能です。


宅配ドクター
宅配ドクター

病院や保健所と同じ方法で検査ができます

PA法やハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法などの病院や保健所で実施される検査方法と同様の方法で検査を受けることができます。女性スタッフが親切丁寧にメールサポートをしてくれるので初めて性病検査を受ける場合でも安心して利用することができます。





 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿