ホーム » 性関連コラム » 日頃のおりものの量や臭いの変化で感染している性感染症がわかります

日頃のおりものの量や臭いの変化で感染している性感染症がわかります

おりものは子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣から剥がれた古い細胞などが混ざり合ったものです。

具体的には子宮内膜や子宮頚管、膣粘膜から分泌される粘液、子宮や膣から剥がれた古い細胞、外陰部の皮脂腺、汗腺からの分泌液などが混じり合って構成されています。



おりものの悩み






おりものの役割とは?


おりものは煩わしいものと思われていますが、おりものは女性の身体にとって非常に大切な役割を担っています。


膣内を清潔に保つ
膣内を酸性に保って雑菌の繁殖を防いだり、古い細胞などの老廃物を体外に排出することで、膣内を清潔に保つ働きがあります。


受精の手助け
排卵期に受精の手助けをしてくれます。特に子宮の出口から出るおりものは精子がスムーズに到達するために手助けをする役割を担っています。





健康なおりものの状態


健康な女性のおりものは透明、もしくは白く濁った色をしていて、少し甘酸っぱいような臭いがします。

排卵前においてはドロッとした粘り気を持っていますが、その後は粘り気が少なくなっていき、のり状に変化していきます。

おりものが下着に付いて黄色く変色することがありますが、特に心配する必要はありません。





年代別のおりものの変化


おりものは、大人の女性なら誰にでもあるものです。自分自身のおりものに関して詳しく知ることによって、女性としての身体や体調の変化をチェックすることができます。

また年齢によっても、おりものの量に変化があります


初潮~10代
女性ホルモンの分泌が不安定な時期なので、おりものの量も増えたり減ったりすることが多々あります。


20代~30代
女性ホルモンの分泌がピークを迎える時期です。年齢的に一番おりものの量が多くなり、おりもの周期も安定してきます。


30代~40代
徐々に女性ホルモンの分泌量が減少していきます。その結果、おりものの量も次第に減少していきます。


閉経後
閉経してから2~3年経過すると、女性ホルモン自体がほとんど分泌されなくなるため、おりものの量も一気に減少します。





おりものの変化が判別できる主な性感染症


性感染症に感染することで、おりものの量や臭いなどに変化を生じさせます。

おりものの変化で判別できる主な性感染症は下記のとおりです。


クラミジア感染症
自覚症状が現れ難いという特徴がありますが、おりものに変化が現れることがあります。女性がクラミジアに感染すると、おりものの色が黄色くなったり量も多くなります。また、おりものの臭いがきつくなるケースもあります。


トリコモナス膣炎
下着やおりものシートが濃黄色や緑黄色に着色したり、頻繁に交換しないとベタベタして気持ちが悪い場合や、生臭い悪臭を生じます。中には水っぽい粘りのないおりものが出る場合もあります。


淋病
黄色く濁ったおりものが出ます。また、月経中以外の出血や尿漏れ、失禁、骨盤痛などの症状がでる場合もあります。


膣カンジダ症
カンジダが膣内で繁殖すると、カッテージチーズ状やおから状、粥状の白いおりものが出ます。下着に小さな塊が付着するのが大きな特徴となっています。


細菌性膣炎
細菌性腟炎になると、黄色のクリーム状や膿のようなおりものとなります。さらにサラっとした灰白色のおりもので魚のような生臭い悪臭を生じるケースもあります。おりもので外陰部がただれてしまうと同時に痒みも感じるようになります。


子宮内膜炎
黄色、もしくは血の混じった茶褐色のおりものが出ます。不正出血の可能性があり、子宮がんや子宮頸がん、子宮頚管ポリープなどの恐れもあります。





まとめ


体調を崩したりした場合に、おりものの色や量がいつもと違うことは多々ありますが、性行為をした後におりものの変化を感じた場合は性感染症に感染しているケースがあります。

性感染症の治療においては早期発見・早期治療が何よりも大切です。身に覚えのある場合はできるだけ早く検査を受けることをお勧めします。







性行為などによって身体に何かしらの異変を感じたらSTD(性感染症)に感染している恐れがあります。

性感染症は早期発見・早期治療が非常に大切です。そのまま放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

できる限り早い時期に正しい方法で検査を行い、性感染症に感染しているかどうかを確認することをお薦めします。

下記に自宅で簡単に実施できるSTD検査キットを紹介しているので、性病に感染しているか気になる方は申し込んでみて下さい^^



ふじメディカル
ふじメディカル

スピーディーかつ匿名での検査も可能です

自社ラボで検査を実施するので、検体が届き次第迅速に検査をしてくれます。委託検査ではないので、スピーディーに検査結果を知ることができます。性感染症の検査を受けることが恥ずかしいと思っている方でも匿名で申し込むことができます。実名で申し込むことに抵抗がある方にもお薦めです。

さくら検査研究所
さくら検査研究所

家族に知られずに検査が受けられます

検査を担当するスタッフは管理医師のもとで国家資格を取得している臨床検査技師によって行われるので精度の高い検査を実施することができます。自宅以外に送り先を設定したり近くの郵便局留めにすることで、家族や勤務先の同僚などにも知られずに性病検査を受けることが可能です。


宅配ドクター
宅配ドクター

病院や保健所と同じ方法で検査ができます

PA法やハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法などの病院や保健所で実施される検査方法と同様の方法で検査を受けることができます。女性スタッフが親切丁寧にメールサポートをしてくれるので初めて性病検査を受ける場合でも安心して利用することができます。





 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿