ホーム » よくある質問 » 

妊娠中は特に気を付けて!性病感染が赤ちゃんに及ぼす影響とは…?

妊娠している・いないに関わらず、性感染症に感染する可能性はあります。

妊娠期間中に性感染症に感染してしまった場合は、感染した女性だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は妊娠時に性感染症を患った場合にどのような悪影響があるのかを各性感染症ごとにわかりやすくまとめてみました。



妊婦


献血をすれば同時に性感染症の検査ができるって本当ですか?

週末や休日などでは全国各地の主要都市で献血バスを見かけます。

日本赤十字社では、16~69歳までの健康な方々を対象として、献血の協力をお願いしています。

献血は毎日稼働している献血バスや常設の施設で受け付けています。



献血バス


風俗店で使用するイソジンのうがい薬は性感染症の予防になるの?

ヘルスやデリヘル、ソープなどの風俗店ではプレイ前に担当の風俗嬢からイソジンでうがいをするように言われます。

大半のお店でイソジンのうがい薬が用意されています。風俗店に行った経験があるなら一度はイソジンでうがいをした経験があると思います。

担当の風俗嬢も一緒にイソジンでうがいをすることで、何となく殺菌作用があるように感じがして安心しますが、実際に性感染症の予防には効果があるのでしょうか?



イソジンのうがい薬



えっ!包茎の場合は性病(性感染症)になりやすいって本当なの?

正確な統計数値は発表されていませんが、日本人男性の約7割が包茎(仮性包茎)だと言われています。

世の中には自分が包茎だということで、コンプレックスを抱えて日々悩んでいる男性も多いです。



包茎の悩み



気になる!性感染症の検査方法はどのようなものがあるの?

性行為などによって、性感染症(性病)にかかったかどうかが気になっている方は大勢います。

そのような場合は、まずは性感染症を患ったかどうかを確認するために検査を実施することをお勧めします。

検査方法としては、血液検査や尿検査、おりもの検査、喉の粘膜検査などが主流となっています。

今回は其々の検査方法の特徴やその検査で判別できる性感染症の種類を紹介します。



性感染症の検査方法


教えて!一体どこで性感染症(性病)の検査を受ければよいの?

クラミジアや梅毒、性器ヘルペスウイルス感染症などの性感染症の疑いがある場合は、誰しもが実際に感染しているのかどうかを早急に知りたい気持ちになると思います。

性感染症にかかったどうかを検査する主な方法としては、病院と保健所、検査キットといった3つの方法が存在します。

そこで今回はそれぞれの特徴やメリット・デメリットを分かりやすく紹介していこうと思います。


性感染症の検査


カテゴリー
最近の投稿