ホーム

性病は早期発見・早期治療が何よりも大切です

男女の関係になった際に気になるのが性病です。

日本国内においても若い年齢層を中心に性感染症(STD)の感染が拡大していて、問題視されています。

「風俗などの如何わしいお店に行かなければ大丈夫でしょ!」と思っている方も多いですが、あなたの恋人が性感染症にかかっていたとすれば、当然あなたにも感染する恐れがあります。

つまり、あなたも決して他人事ではないのです。


性病検査



性病とは・・・


性病とは、正式には「性感染症」と呼びます。

性感染症は「性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気」と定義されていて、STD(Sexually Transmitted Diseases)やSTI(Sexually transmitted infection)とも呼ばれています。

つまり、性感染症を患っている相手と性行為をすることによって、相手の細菌やウイルスなどが体内に侵入してあなた自身も感染することになります。

性感染症には10種類以上の症状があります。その中の主なものとしては、エイズや淋菌感染症(淋病)、梅毒、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ症などが挙げられます。

ここで代表的な性感染症の報告数を見ていくことにしましょう。




性器クラミジア感染症


日本国内で一番感染者が多いと言われているのが性器クラミジア感染症です。感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染する特徴があります。

他の感染症と比較しても圧倒的に数が多く、毎年24,000人~25,000人程度感染しています。


<< 性器クラミジア感染症の詳細ページ


性器クラミジア感染症の推移




性器ヘルペスウイルス感染症


性器ヘルペスウイルス感染症は、単純ヘルペスウイルス(HSV)の感染によって、性器やその周辺に水疱や潰瘍等の病変が形成される症状です。

HSVに感染している相手との性交によって感染します。また、相手の性器に明らかな病変がある場合だけでなく、無症状の場合であっても性器の粘膜や分泌液中にウイルスが存在する場合には感染します。

男女合わせて毎年8,000人程度で推移しています。


<< 性器ヘルペスウイルス感染症の詳細ページ


性器ヘルペスウイルス感染症の推移



尖圭コンジローマ


尖圭コンジローマ(もしくは尖圭コンジローム)は、ヒトパピローマウイルス6、11型などが原因となるウイルス性の性感染症で、生殖器とその周辺において発症する特徴があります。

典型的な尖圭コンジローマの症状としては、乳頭状や鶏冠状といった特徴的な異変が現れるため、自分自身で確認することができます。

毎年の感染報告者数は大きな変動はなく、男女合わせて5,000人程度で推移しています。


<< 尖圭コンジローマの詳細ページ


尖圭コンジローマの推移



淋菌感染症


淋菌感染症は、淋菌「Neisseria gonorrhoeae」の感染による性感染症です。感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染する特徴があります。

下記のグラフを見ても確認できるように、女性よりも男性の方が感染する割合が高くなっています。

男性が感染する部位は尿道です。 尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出るケースが多いです。一方で女性の場合は、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染して、子宮頸管炎を起こすケースが多いです。


<< 淋菌感染症の詳細ページ


淋菌感染症の推移



梅毒


梅毒は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマによって発生する感染症です。

梅毒の特効薬である抗生物質ペニシリンが発見されて以降はそれほど危険はなくなりましたが、そのまま放っておくとどんどん進行していき、日常生活ができない恐れもあります。

性交渉やオーラルセックスなどによって、皮膚や粘膜の小さな傷口から侵入します。

他の性感染症よりも数は少ないですが、ここ数年においては梅毒の感染者が増加傾向となっています。


<< 梅毒の詳細ページ


梅毒の推移



HIV(エイズ)


HIVの正式名称は「Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)」です。

ヒトの体をさまざまな細菌、カビやウイルスなどの病原体から守るために重要な役割を果たすTリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染するウイルスです。

免疫力の低下によって、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、さまざまな病気を発症してしまいます。

特に同性間の性行為によって感染するケースが多いです。


<< HIVの詳細ページ


HIVの推移




性感染症は早期発見・早期治療が何よりも大切です


性感染症に感染すると、性器などに異変が生じることが多いですが、中には症状が出難い物も存在します。

また、性感染症にかかっている人と、かかっていない人を比較すると、性感染症にかかっている人の方がHIV(エイズウイルス)に感染する可能性が3~5倍ほど高まると言われています。

性感染症は早期発見・早期治療が何よりも大切となります。放っておけば症状が進行していくだけでなく、完治するまでに時間もかかってしまいます。

性行為をした後、何か異変を感じたら、できるだけ早期に性病検査を受けることをお勧めします。

あなただけでなく、パートナーと一緒に検査を受けるようにしましょう。







 

カテゴリー
最近の投稿